西武の源田、高校球児にエール

「前向いて進んでほしい」

©一般社団法人共同通信社

オンライン取材に応じる西武の源田=21日、埼玉県所沢市(球団提供)

 西武の源田壮亮内野手が21日、6月後半を目指す開幕へ思いを新たにした。20日に夏の甲子園大会の中止が決定。オンライン取材で「僕らが野球をできているのは当たり前じゃないと再確認した。いろんな方の協力があって開幕しようとしているので、元気を届けられるプレーをしないと」と語った。

 大分商高時代に甲子園出場は果たせなかったが「完全燃焼して次のステップへ行けた。今年の高校球児は当事者しか分からない悔しさや思うことがあると思う」と思いやり、「僕は大学、社会人と進んでプロになれた。前を向ける日が来たら前を向いて進んでほしい」とエールを送った。