ぴあ、コロナ拡大で85%減益

2月以降、公演中止や延期相次ぐ

©一般社団法人共同通信社

 チケット販売大手の「ぴあ」が21日発表した2020年3月期連結決算は、純利益が前期比85.1%減の1億円だった。2月以降、新型コロナウイルス拡大を受けた政府の要請によりイベントの中止や延期が相次いだことで、チケットの払い戻しが拡大し、ぴあが取り扱う興行の約80%に及んだことが響いた。

 払い戻しによる特別損失として約5億5千万円を計上したほか、ライブなどの市場が急速に収縮したことでチケット販売も落ち込んだ。売上高は9.3%減の1632億円だった。

 21年3月期の業績予想については、コロナの影響が見通せないため「未定」としている。