レノファ山口FCU-18 山本富士雄監督【前編】「良い選手をトップチームに昇格させることも目標の一つ」

©サッカードットコム株式会社

レノファ山口FCU-18 山本富士雄監督(写真=レノファ山口FC提供)

 2019年よりレノファ山口FCU-18の指揮を執る山本富士雄監督。選手時代は浦和レッズやベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ )で活躍し、引退後は桐蔭学園(神奈川)や杭州緑城(中国)などを指導した。国内外で指導経験を持つ山本監督に現状のお話を伺った。

ーー就任初年度となりました昨シーズンを振り返って。

 チームとしての目標「プリンスリーグ昇格」は叶いませんでしたが、長期的に考えると、ある程度の成果は出せたと思います。
 私自身、高校や中国のチームでの指導経験はありましたが、Jユースでの指導は初の経験です。どのような事においても最初は時間をかけて進める必要があります。クラブ、スタッフ、選手、全ての人たちにとってです。その観点から言うと、チームにとって新たな試みをたくさんした中で、今後に繋がる土台作りの部分は達成出来たことが多かったという感触です。

ーー今シーズンの目標。

 当然そこは「プリンスリーグ昇格」もありますが、我々はトップチームがあるJクラブ。並行して、良い選手をトップチームに昇格させることも大きな目標の一つです。

ーー昨年、伊東稜晟選手がU-18から初のトップ昇格を果たし、更には昨年11月16日のJ2第41節山形戦でJデビューを飾った当時高校1年生のFW河野孝汰も在籍。河野孝汰選手についてお話を聞かせてください。

トップチーム出場時の河野孝汰選手(写真=レノファ山口FC提供)

 彼は高校生相手であれば何でも出来てしまいます。上のレベルを考えた時に、もう少しオフザボール時のスキルや工夫が必要ですが、本人は謙虚で向上心も非常に高いので自覚を持って日々取り組んでくれています。彼の最終到達点を考えると、オフザボールの所の向上、頭を使うことと完璧な技術でスピードを上げることがとても重要です。

ーー今シーズンはトップチームへの帯同が増えてくる。

 ほとんどトップチームでプレーしています。ポジションはセンターフォワード、所謂9番のポジションです。
 そして、彼の一番のストロングポイントは決定力。私が今まで見てきた高校生の中ではずば抜けて決定力が高いです。どこからでもゴールできることも魅力。シュートまでのイメージ作り、雰囲気、キックの精度など素晴らしいです。クラブとしても、山口で育った生え抜き選手がトップチームで活躍することを目指していますし、彼にはそんな存在となるよう頑張って欲しいと思います。

ーー次回、山本監督が目指すチーム作りについて詳しく伺う。

(取材=編集部)