視界不良 深まる懸念 減産に揺れる自動車産業 コロナ時代との向き合い方模索

©株式会社中部経済新聞社

生産調整を本格化している自動車産業

 中部経済の屋台骨である自動車産業が揺らいでいる。新型コロナウイルス禍で新車需要が世界的に低迷、国内でも大幅な減産を余儀なくされているためだ。減産の期間や規模が広がるほど部品や設備メーカーの経営への打撃は避けられない。「リーマン時のような急激なショックは無いが、じわっと真綿で首を絞められている気がしてならない」と表現する設備メーカーも。各社幹部は日ごとに不安の色を濃くする一方、仕事のあり様を含めてコロナ時代との向き合い方を模索している。