三四郎・相田、菅田将暉から特大の毛ガニが届く「フットワーク軽っ!」

©株式会社ニッポン放送

5月15日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。相田が、俳優・菅田将暉にお取り寄せグルメを送ったところ、そのお返しに驚いたと語った。

最近の自粛生活で暇を持て余していると語った相田。そこで、親友だと豪語する菅田将暉に『ちょっかいを出して遊ぼう』と考え、連絡を取ったという。

相田:ちょっかいを出して遊ぼうかなと思って。

小宮:何様だよ! 忙しいだろ、あっちも。

相田:で、菅田に『大丈夫か?』と。『食料を送ろうか?』と。

小宮:いやいや、大丈夫だわ! 絶対に(笑)

相田:やっぱり舎弟だからさ、食わせてやりたいじゃん?

小宮:本当にちょっかいかけるね~。

相田:どういう返事がくるかなと。はたまた、無視されるかなと思っていたら、すぐに連絡がきて。

小宮:おお!

相田:『いいんですか?』って、きたの。俺は、『いらないです』とか『大丈夫です』ってくると思っていて。

小宮:そうだよね。

相田:『いいんですか?』ってきたから、『まあ、いいけど……』と思ってさ(笑)。『いいよ、送るよ』って。何を送ればいいかわからないじゃん? 何が好きか知らないから、ネットで調べたの。Wikipediaみたいなのがあって、いろいろ好きな物が載ってたから、それを菅田に送ったのよ。『ここから、何がいいか選んでくれ』みたいな。

小宮:うんうん。

相田:即席ラーメンとかさ、そういうのをパックにしてさ、送ってやろうと思って。何にするかなと思ってたら、『ラムチョップがいい』って言うんだよ。ちゃんとしたお取り寄せを選んできた。

小宮:なるほど。せっかくだったらね、菅田くんもそうだよね。

相田:そうね。『じゃあ、ラムチョップを送るわ』と。クセが強めのラムだと食べられない人もいるじゃん?(逆にクセが強い方が)好きって人もいるから。『ちなみに、ラムのクセは強めでもいける人?』って聞いたの。

小宮:はいはい。

相田:そしたら、『めちゃくちゃラムのクセは強くても好きです』ときて、『OK、OK』と。

小宮:ちょっと、確認。相田が自分から言い出したのに、なんで渋々なの?

相田:ははははは(笑)。思いのほか、ノリ気だったからビックリした、こっちも(笑)。で、クセが強いのでもいいんだと思って、ニュージ―ランドのラムを送ってやろうかなと思って。『じゃあ、送るわ~』って言って。それで終わりかと思うじゃん?

小宮:うん。

相田:そうしたら、菅田が『逆に何がいいですか?』って言ってきたの。『え!? 何か俺にも送ってくれるの?』と思って。

小宮:おお~! うれしいね。

相田:めちゃくちゃチャンスじゃん?

小宮:ちゃんとしてるね。

相田:絶対にラムよりも高いのをねだろうと思って。『カニや! カニを送ってくれや!』って(笑)

小宮:最悪!

相田:そしたら、『わかりました。何日に届くんで楽しみにしてて下さい』って。

小宮:ええ!? すげえ!

相田:めちゃくちゃ早いのよ。『フットワーク軽っ!』と思って。そしたらさ、今日の昼に届いたのよ。1.2キロの毛ガニが2杯!(笑)

小宮:ええ!? ヤバ!!

相田:儲けた。

小宮:“儲けた”じゃないよ!

相田:ラムでカニを釣った!(笑)めちゃくちゃ特大の毛ガニだったよ。

小宮:値段以上に、菅田くんからもらったってことで儲けてるよね。

相田:嬉しいよ。これ、新ビジネスですよ。

ラムチョップのお礼に毛ガニが届き、ビックリしたという相田。その後、菅田から、ラムチョップを焼き、グリーンカレーにのせた画像が送られてきたと明かす。それに対して、「(ラムチョップは)まず、塩コショウでいけよと思ったね」と相田節を炸裂させていた。