上五島高1年生が布マスク製作に挑戦

©株式会社長崎新聞社

布マスク製作に取り組む生徒=上五島高

 県立上五島高(古賀巖校長、315人)の1年生108人がこのほど、家庭科の授業の一環で布マスク製作に取り組んだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、衛生意識を向上させ、自分にできることを考えてもらう目的がある。4クラスに分かれて実施した。13日は35人が参加。綿の布を織ってミシンで縫い、ゴムひもを通した。生徒たちは生地を裁断するときに協力したり、折り方を教え合ったりした。
 完成したマスクは2、3年生に配布した。湯川茉琴さん(15)は「布に型を起こすのが難しかった。人に使ってもらう物なので丁寧に縫うことを心掛けた」と話した。