外国人留学生に10万円支給 佐用町

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞NEXT

 兵庫県佐用町は新型コロナウイルス感染拡大を受けた支援策として、町内の日本語学校に通う外国人留学生に1人当たり10万円を支給する方針を固めた。総事業費として150万円を計上し、6月議会で正式に可決されれば実施する。

 同町久崎には、旧久崎小校舎を活用した「佐用日本語学校」があり、現在はアジアからの学生15人が通う。ほとんどの学生がアルバイトで生活費などを稼いでいるが、緊急事態宣言を受け、多くの飲食店が休業したり、営業時間を短縮したりした。その結果、収入が激減した学生もいるという。

 給付の申請は同校の学生証があれば可能で、口座振り込みされる。同校の教員は「町として学生を気に掛けてくれてありがたい。学生たちの安心も増すと思う」と話した。(勝浦美香)