プロボクシングで抗体検査

7月再開に向け

©一般社団法人共同通信社

 日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会は22日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、7月の興行再開に向け、試合に出場するボクサー、スタッフら関係者を対象にウイルス感染歴などを調べる抗体検査を行うことを決めた。試合の3週間前と前日に実施し、出場可否の判断に活用する。

 一部興行主から要望のあった観客を会場に入れた興行開催は困難とし、原則無観客での開催のみ認める方針。

 また、加盟ジムの通常営業に向けた統一ガイドラインを策定することも決めた。入退室の管理、時間帯をずらす措置を徹底し、行政などに安全性をアピールするため。