文化人たちが訪れた庭園を復元 瑜伽山園地 あさって開園

©奈良テレビ放送株式会社

 奈良県が奈良市高畑町に整備を進めてきた奈良公園「瑜伽山園地」が、あさって開園します。

 奈良公園の南の端、浮見堂と鷺池の南側にあさって開園する瑜伽山園地。広さ約0.75ヘクタールのこの場所には、かつて明治から大正にかけ、大阪の財界で活躍した山口吉郎兵衛の別荘がありました。

この別荘では、近代を代表する多くの文化人たちが交流したとされています。瑜伽山園地は山口氏の庭園を復元したもので、起伏を活かした高低差のある日本庭園には、鎌倉時代のものとされる灯籠などもあり、趣のある庭園となっています。

今回、茶室も復元され、予約をして茶会などに利用することができます。瑜伽山園地は、あさってから一般公開されます。