■オークス「カス丸の競馬GI大予想」 デアリングタクトは無敗2冠なるか

©株式会社ジェイ・キャスト

カス丸はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが4馬身差の圧勝で見事に復活したじぇい。カス丸は◎△△で3連単、ガジュマル爺も▲◎△で三連複、当てたきゃすう。今週は牝馬のクラシック2冠目、オークス(優駿牝馬、2020年5月24日、東京、芝2400メートル)だじぇい。1冠目の桜花賞を勝ったデアリングタクトが負けなしで2冠目達成なるかが焦点。爺が早速、本命◎にしてるじぇい。2冠は大丈夫きゃすう?

デアリングタクトの不安点とは

ガジュマル爺大丈夫じゃ。桜花賞は、雨で重馬場という最悪の馬場状態を一頭だけ別次元の末脚で追い込んで勝ったんじゃ。底力は相当なもんじゃ。激走の疲れが、心配だったんじゃが、調教を見る限りは疲れは取れたと見られるわい。じゃが、オークスの舞台の東京コースが初めてなのと関西から関東まで初の輸送が控えておる。しかもキャリが3戦しかないという経験の浅さが不安材料なんじゃが、とにかく桜花賞の勝ちっぷりが強烈だったわい。そのときの2着が先々週のGI・NHKマイルカップ(東京・芝1600メートル)で2着に踏ん張った2歳女王のレシステンシアだったのじゃから価値があるというもんじゃ。懸念材料もレースが終わってみれば、なんだったのかと思わせてくれそうだわい。桜花賞&オークスの牝馬クラシック連覇となれば、先週に圧倒的なパフォーマンスを見せた最強牝馬のアーモンドアイ以来2年ぶり、15頭目。さらに無敗の2冠制覇となれば、じつに1957年のミスオンワード以来63年ぶり2頭目となるんじゃ。

カス丸カスヨ姉さんの本命◎はクラヴァシュドールだよ。デアリングタクトに勝てるきゃすう?

カスヨデアリングの不安な点は爺の言う通りね。桜花賞とオークスじゃ、距離も違うしコースも違う。求められるものがまったく違うわけだから、2冠はそう簡単じゃないわね。不安材料がいくつもあるんじゃ本命にはできないわ。それに比べると、クラヴァシュドールは、オークス向きなのよ。桜花賞で4着だったんだけど、レースの途中で進路が狭くなってしまいポジションを下げてしまったのが痛かったわね。最後は、追い込んだんだけど、あの道悪馬場では届かずじまいね。でも不利を受けながら、桜花賞最後の直線で上り3ハロン(最後の600メートル)が2位のタイムを出してるわけだからポテンシャルは高いのよね。この馬はね、2歳時に東京コースと関西からの輸送はサウジアラビアロイヤルカップで経験済みなの。そのレースで皐月賞2着のサリオスに食い下がる2着という成績を残したわ。ハーツクライ産駒だから距離が一気に延びても問題ないし、なにより今度は人気が落ちるだろうから格好の狙い目よ。

カス丸今年は桜花賞組とは戦わずに別ルートで活躍してきた有力馬が目立つじぇい。カスヨさんの対抗〇リリーピュアハートもその一頭きゃすう。どこがいいの?

カスヨリリーはね、オークスと相性の良い忘れな草賞(阪神、2000メートル)からのステップで、その忘れな草賞では1番人気に推されたわ。結果は3着なんだけど、その前のゆりかもめ賞で東京2400mを経験して勝っているのね。3歳のこの段階で2400メートルを走っている馬はそんなにいないわ。しかも、1着だったしね。いまの東京コースは高速馬場で先行することと内にいること。そうすればなかなか止まらないのよ。リリーも前で競馬ができるし、今の東京コースにはピッタリだわね。

穴馬も百花繚乱

カス丸ふーん、爺の対抗〇は2歳時に評判が高かったリアアメリアだよ。桜花賞ではまったく見せ場がなかったじぇい。復活できるきゃすう?

ガジュマル爺リアアメリアは、これまでのGIではまったく力を発揮できておらんのじゃ。圧倒的1番人気だった2歳GIの阪神ジュベナイルフィリーズ(JF、阪神、1600メートル)で6着。ステップレースをつかわずにぶっつけで臨んだ桜花賞も10着に沈んでしもうた。ただ当時は馬体がちょっと細く映ったし、本調子じゃなかったように見えたんじゃな。じゃが、本来は中団からレースを進められる上手な競馬ができるセンスの良さがあるんじゃ。デビュー2戦目のアルテミスステークス(GIII、東京、1600メートル)では上がり3ハロンが33秒0という末脚じゃった。これが爆発すれば、デアリングタクトを脅かす場面があってもおかしくないんじゃ。騎手も新馬戦から乗り慣れている川田将雅騎手の手綱だから安心じゃ。

カス丸去年は12番人気のカレンブーケドールが2着に入って、馬券を盛り上げたけど、今年は穴馬はいるきゃすう?

ガジュマル爺オークスを考えるにはまず、桜花賞組から選ぶのが常道というもんじゃ。桜花賞で力を存分に発揮できなかった馬がコースが替わり、距離が替わって力を発揮する場合が多いんじゃ。ということで、わしの押さえ△1番手じゃが、マルターズディオサじゃ。桜花賞まで6戦を使って、連対(2着以内)を外したのは、その道悪だった桜花賞(8着)だけじゃ。チューリップ賞(GII、阪神、1600メートル)では、2歳女王のレシステンシアに土(3着)をつけ、2着のクラヴァシュドールをハナ差退ける勝負根性をみせた。今の東京コースは前(先行勢)が止まらない傾向にあるんじゃが、中団あたりからの差し脚勝負になれば、出番が十分あっておかしくないぞ。もう一頭は、ホウオウピースフルじゃ。オークスは騎手の乗り替わる場合は成績がよくないんじゃが、それでも剛腕、内田博幸騎手であれば、さほど気にならないわい。この馬はデビュー戦で、後のクイーンカップ(GIII、中山、1600メートル)勝ちのミヤマザクラ(1番人気、4着)に完勝。百日草特別(2歳1勝クラス、東京、2000メートル)で連勝。前走のオークストライアル、フローラステークス(GII、東京、2000メートル)では、先行して4、5番手につけて2着に踏ん張った。父は牡馬クラシック3冠を含むGI6勝のオルフェーブル、母ツルマルワンピースの父は、2004年のダービー馬のキングカメハメハじゃ。2018年の有馬記念を勝ったブラストワンピースは半兄という良血馬で、2400メートルの距離は合うはずじゃ。

カスヨわたしの推しは、まず桜花賞3着のスマイルカナね。今回、逃げる馬がこの馬以外に見当たらないわね。桜花賞の時のように先頭にたってコース内ラチ(柵)沿いに走ればなかなか止まらないわよ。これまで逃げたレースではすべて馬券に絡む成績を残しているのも心強いわね。それに東京競馬場の経験があるところもプラスだわ。次にマジックキャッスルね。クイーンカップではタイム差なしの2着。東京コースも経験済みという点も強みね。勝ち馬のミヤマザクラは騎手が乗り替わりだけど、マジックキャッスルは引き続き浜中騎手と乗り替わりがない点も魅力だわ。もう一頭はウーマンズハートよ。左回りの新潟競馬場で重賞を勝っている点がいいわね。桜花賞までは右回りで魅力の末脚が生かせなかったけど、上がり3ハロン32秒8は今回のメンバーではトップクラスよ。それに騎手の乗り替わりもない点が魅力よだわね。

カス丸うーん、桜花賞で圧勝したデアリングタクトの衝撃が強烈に残っているようだじぇい。爺もカスヨさんも挙げなかったけど、カス丸の本命◎はデゼルだじぇい。前走スイートピーステークス(東京、1800メートル)では、上がり3ハロンが32秒5という末脚。あのアーモンドアイが昨年の安田記念で出したのが32秒4だから、3歳のこの時点でほとんど同じ速さだじぇい。走り方も態勢を低くして脚の回転を上げるアーモンドアイそっくりきゃすう。ふつうに走ればこの馬が勝つじぇい。<J-CASTトレンド>