新型コロナでも出社するホテル従業員の本音「捨てられた歯ブラシやマスクが怖い」

©株式会社グローバルウェイ

出社を続けるホテル従業員の本音は

医療従事者をはじめ、緊急事態宣言が発令中でも出社しなければならない職種はいくつもある。ホテルのスタッフもその一つだ。キャリコネニュース読者からは

「ホテル勤務です。客室の清掃が主な仕事なので、コロナだからといって関係ないです」(兵庫県/40代女性)

と宿泊客がいる限りは出社せざるを得ない状況がうかがえる。今回は、緊急事態宣言が発令している現在も、ホテルで働き続ける人の声を紹介する。(文:林加奈)

「本社の社員は在宅勤務。現場は万が一感染しても補償なし」

ビジネスホテルに勤務する岐阜県の50代女性は「宿泊客は減っていますが、ゼロではないので出社しています。手袋はしていますが、マスクや歯ブラシなど裸で捨てられているので怖い」と綴る。

直接人と接する機会は少ないが、宿泊客が感染しているかもしれない不安はぬぐえない。日々の業務では、常に恐怖心を抱きながら仕事を続けているという。

また、大阪府の20代女性が勤務するホテルでは、

「約20人のパートさんたちは自宅待機させる代わりに、現場の社員5名ほどが業務をこなしています。本社の社員は在宅勤務となり、現場だけが電車で通勤しコロナにかかる可能性が高い状態ですが、万が一感染しても補償は出ないと言われました」

と感染リスクが高い状況で働きながらも、何の補償もないことに不満を抱いている。

「外国帰りでも黙って宿泊する人がいて怖い」

都内のビジネスホテルで働く40代女性は、仕事と収入の現状をこう語る。

「お客様がいる限り、出勤です。自粛要請で会社も勤務時間を短くしてくれましたが、お給料は基本給、いつもと変わらず保証はしてくれるので助かります。ですが、多子家庭なので食費、家にいる時間が多いので光熱費もかかり、家計は火の車です。長期戦も考えると不安ばかりです」

女性はさらに「外国から帰ってきて陰性でも2週間はどこかで過ごすわけで、黙ったまま宿泊するケースが多いので不安でたまりません」と心境を吐露する。

宿泊客がいる以上、出社せざるを得ない使命感を感じつつも、複雑な心境を抱いている人が多かった。常に感染リスクに怯えながらも、何とか仕事を続けているようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き【新型コロナ】緊急事態宣言でも出社しなくてはいけない人「新型コロナで退職を決意した人」に関するアンケートを募集しています。