「エール」男女の機微を学ぶため音は…9週のあらすじ

©株式会社シネマトゥデイ

双浦環(柴咲コウ)も再び登場 - 画像提供:NHK

NHK連続テレビ小説「エール」(月~土、総合・午前8時~ほか)が5月25日から9週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

“福島三羽ガラス”が集結!第9週【写真】

「エール」は、作曲家の古山裕一(窪田正孝)と妻の音(二階堂ふみ)を主人公に、昭和の激動の時代を音楽とともに生きた夫婦の姿が描かれる。5月25日からは第9週「東京恋物語」に突入する。

早稲田の応援歌「紺碧の空」の作曲を完成させ、少し自信を取り戻した裕一。福島で記者をしている鉄男(中村蒼)を呼び出す。久志(山崎育三郎)もやってきて、久しぶりに顔を合わせる3人。裕一は自分が曲を作って久志が歌うので、鉄男にいつか詞を書いてくれと頼む。

一方、音楽学校の記念公演のヒロイン役を決める最終選考に向けて、音は男女の機微を学ぶために男女の社交場のカフェーで働くことに。心配した裕一に頼まれて店に様子を見に来た鉄男は、そこで店員の希穂子(入山法子)を目にして驚く。

連続テレビ小説102作目となる「エール」。第8週では、早稲田大学の応援部に頼まれた「紺碧の空」の作曲に奮闘する裕一の姿が描かれた。(編集部・大内啓輔)