マリナーズがキャンプ施設開放へ

菊池雄星、平野佳寿両投手が所属

©一般社団法人共同通信社

マリナーズの菊池(左)と平野=2月、ピオリア

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、マリナーズが25日にもアリゾナ州ピオリアのキャンプ施設を開放すると22日、球団公式サイトが伝えた。少人数に制限し、個別練習が可能になるという。ディポトGMによると、シアトルの本拠地球場Tモバイル・パークは閉鎖したままだという。同球団には菊池雄星、平野佳寿両投手が所属している。

 大リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬にキャンプが中断した。アリゾナ州では既に知事が無観客でのプロスポーツの開催許可を出しており、地元紙によると、ダイヤモンドバックスもフェニックスの本拠地球場チェース・フィールドを選手に開放した。