『スッキリ』闇が深過ぎる“放送事故”に騒然…「大人の事情?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ 

5月21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、意図的にコメンテーターの発言が遮られたのではと話題になっている。

問題の場面があったのは、黒川弘務検事長と新聞記者の賭け麻雀報道について取り上げていたとき。MCの加藤浩次は「こんな古いことやってたらダメですよ。いつまでやってんの?って僕は思っちゃう。しかもこの時期に」「根本の裏側にはこんな体質をずっとやってるんでしょって思っちゃう」と激しい剣幕で責め立てた後、リモート出演しているレギュラーコメンテーターのモーリー・ロバートソン氏に話を振った。

するとモーリー氏は「(黒川氏は)検事総長に昇格が見込まれていた方ですよね。その後のネタを、今からネンゴロにしておかなきゃっていう意識が新聞記者側にあったのかなと思ったんですけども、表立っては新聞って保守・革新と対立した世論を出しているんですよね」「ところが裏では、みんなで仲良くやっているということは、報道そのものがある種出来レース。身内で役割分担をして双方がもうけているだけなんじゃないかと不信感を抱かせかねない。真面目に中立にやっている記者がかわいそうですね」と持論を述べていく。

ここで加藤が、「(黒川氏が)辞任して次に誰になるの?っていうより、根本的な問題をもう一回考えないとダメなような気がするんですけど…」と話を展開させる。それにモーリー氏が「そうですね、やはりメディアが中立性を保つ必要がありますし、これまでの報道も、安倍政権に厳しい新聞と優しい新聞があったんですけども、こういう形で…」とまでしゃべったところで突如、映像が途切れ、モーリー氏が映っていた画面は〝真っ黒〟になってしまった。

“ベストタイミング”で回線オチ

加藤は「ああ、ちょっと回線が…」と戸惑い、水卜麻美アナウンサーは「すいません、映像が乱れました」と説明していたが、あまりにも〝ベストタイミング〟で回線が切れたことに、ネット上では、

《無理やり消された? 大人の事情?》
《モーリーさん消されたんだけどww メディアの闇》
《マスコミに不都合なマッチポンプの暴露をしている最中にメチャクチャ不自然な通信故障で強制退去!!》
《加藤さんとモーリーさん いい感じに切り込んだと思ったらモーリーさんのリモートが真っ暗に! これわざと遮断したでしょ》

など、意図的だと指摘する声が相次ぐことに。また、その数分後にモーリー氏の回線は復帰していたが、既に話題が別のことに変わっていたため、発言の続きをすることもなかった。

「リモート出演中は、バラエティー番組でも途中で出演者が回線オチすることはありますが、今回のように、急に画面が真っ黒になることは少し不自然ですね」(芸能記者)

この放送後、モーリー氏はツイッターで、自身が回線オチする瞬間を収めた動画をアップしている一般人のツイートを引用しながら、《そんな?!真っ黒に…》とコメント。続けて、《豪の主要新聞、そろって1面に黒塗り文書 報道規制に抗議》というニュース記事を紹介。さらに、《黒塗り検察 黒塗りメディア 黒塗り国家 黒ロキン》とだけつぶやいた。

果たして、今回の件は偶然だったのか意図的だったのか…。