恋敵に負けられん!! ムツゴロウの求愛ジャンプ

©株式会社熊本日日新聞社

ライバルから口を開けて威嚇され、体をひねって逃げるムツゴロウ=22日午後、宇土市住吉町

 有明海に面した熊本県宇土市住吉町の干潟で、ムツゴロウが繁殖期を迎えている。雄は雌にアピールをしようと、盛んに求愛のジャンプを繰り返している。

 有明海や八代海に生息するムツゴロウはハゼ科の魚で、体長は最大20センチほど。環境省レッドリストで絶滅危惧ⅠB類に指定されている。求愛行動は7月ごろまで続く。

 潮が引いた22日午後、雄は干潟の穴から次々にはい出し、水色の斑点のある背びれを広げ何度もジャンプ。近づく“恋敵”に、口を大きく開けて威嚇する姿も見られた。(小野宏明)