吉川晃司主演「探偵・由利麟太郎」に田辺誠一、木本武宏、どんぐりがレギュラー出演

©株式会社東京ニュース通信社

吉川晃司主演で6月16日にスタートする、フジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)に、田辺誠一、木本武宏、どんぐりらレギュラー出演することが分かった。ほかにも各話を彩るゲストとして、新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路といった個性豊かなキャストが登場する。

昭和を代表するミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していた伝説の「由利麟太郎」シリーズを初めて連ドラ化。京都を舞台に、冷静沈着な白髪の紳士・由利麟太郎(吉川)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)と共に、数々の奇怪な難事件に挑む。

田辺が演じるのは、由利の旧友であり、京都府警の等々力警部。由利の鋭い洞察力と並外れた事件解決能力に一目置き、事件の捜査を依頼する。田辺は「僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした」と充実した撮影を振り返る。

また、骨董品店の店主であり、由利の部屋の大家・波田聡美をどんぐりが、三津木が出入りする出版社の担当編集者・山岸克平を木本武宏が演じる。

映画「カメラを止めるな!」でブレークしたどんぐりは、「オファーをいただいた時は、本当にうれしくてすぐにお返事させていただきました。主演が吉川晃司さんと聞いて、えっ!!という感じで。私がOLの時からすごく人気の方で、自分の人生の中で吉川晃司さんとご一緒させていただけることがあるとは、夢にも思ってなかったです」と感無量の様子。そして、「私が演じる波田さんは、吉川さん演じる由利先生に恋心を持っている役です。見ていただいている方が『ミステリーなのに…アレ? なんか変なんがいるぞ?』と思っていただけるような、ドラマの中に、ほっとする感じが出るといいなと思います。あとは、今回初めての京都弁の役なので、京都のはんなり感というのが、求められている…のだと思うので…頑張ります!」とやる気をみなぎらせている。

一方、木本は「吉川晃司さん主演のドラマに末席ながらも出演できることが恐縮すぎます。世代としてはまさしく青春の象徴。実際にこの世にいないのではないかと思えるスターですから。また実際に撮影して感動したのは、志尊淳くんが本当に奇麗な男だったこと。煩悩のかけらさえも見当たらない凛としたたたずまい。そんな本質を持つ、三津木俊助は必見だと思います。 そして、自由にやらせていただいた木村(弥寿彦)監督に感謝です。が…『お好きにどうぞ』。これほど怖い言葉はない!」と語っている。