声掛けで特殊詐欺防ぎ コンビニ店員に感謝状 浦上署

©株式会社長崎新聞社

署長感謝状を受け取った牧山さん=長崎市(浦上署提供)

 来店した70代男性の特殊詐欺被害を防いだとして、浦上署は14日、ファミリーマート長崎石神店(長崎市石神町)のアルバイト従業員、牧山哲士さん(45)に署長感謝状を贈った。
 同署などによると、4月13日夕方、電子マネーカードの購入に70代男性が来店。携帯電話で話しながら購入額や支払い方法を変更しようとしたため、牧山さんが不審に思い声を掛けた。男性にかかってきた電話番号をネットで調べると、架空請求に使われる番号だと判明。警察に通報し、被害を防いだ。
 男性には「アダルトサイトの未納料金がある」「払わないと裁判になる」などと連絡があり、コンビニで電子マネーカードを購入するよう指示されていた。
 同店で感謝状を受け取った牧山さんは「世の中が不安定な状況の中、今回の形で地域に貢献できたことがうれしい。今後もお客さまを第一に考え、信頼を獲得していきたい」と話した。