【プレミアリーグ】再開後のコロナ感染を懸念するカンテ…シーズン残りの試合を全て欠場か

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーのフランス代表MFエヌゴロ・カンテは、コロナウイルスを懸念し残りのシーズンを全て欠場する可能性があるようだ。

【プレミアリーグ】安全面を懸念しているカンテ、クラブの許可を得てトレーニングを欠席

プレミアリーグはイギリス政府のロックダウン緩和に伴い、今週から各クラブにトレーニング再開を許可。チェルシーは練習場を開放し、カンテも19日に小規模のトレーニングセッションに参加していたが、コロナウイルス感染を懸念して欠席を表明していた。現在はフランク・ランパード監督の許可を得て自宅でトレーニング中のカンテ。プレミアリーグは9試合を残しているものの、チェルシーはカンテ不在での戦いを強いられるかもしれない。カンテは2018年FIFAロシアワールドカップの数週間前に兄を心臓発作で亡くしており、数ヶ月前には自身も練習中に失神している。

かんてが残りシーズン全て欠場か