布マスク配布、熊本でも開始 5月末までに終了

©株式会社熊本日日新聞社

世帯配布用の布マスクをバイクの荷台に積み込む熊本中央郵便局の配達員=23日午前9時45分ごろ、熊本市中央区

 新型コロナウイルス感染症対策で政府が全世帯に配る布マスクの配達が23日、熊本県内でも始まった。熊本市中央区の熊本中央郵便局では午前10時ごろ、配達員が2枚入りの袋をバイクの荷台に積み込んで次々に出発した。厚生労働省によると、県内全ての約81万世帯分を5月末までに配り終える予定。

 配布に巨額の費用がかかることから国民に賛否両論があり、「アベノマスク」ともやゆされる。感染者の多い東京や福岡などでは既に配布が進んでいるが、一部に汚れなどの不良品が見つかり、回収される混乱も起きた。