JR九州、駅ビル賃料を減額 「肥後よかモン市場」など 

©株式会社熊本日日新聞社

 JR九州の駅ビル事業を統括する「JR九州駅ビルホールディングス」(福岡市)は22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営が悪化したテナント店の負担を軽減するため、4~7月分の賃料を減額すると発表した。

 小倉、長崎、鹿児島中央、博多、大分の計5駅で運営する商業施設「アミュプラザ」などに入居する物販・飲食店など約1300店舗が対象。このうち熊本県内は熊本駅の商業施設「肥後よかモン市場」の約60店舗。

 4~5月の賃料は、施設自体の休業期間分を通常の5割に、営業期間分を物販で1割、飲食で2割(博多駅ビルのみ物販2割、飲食3割)減額する。支払いの猶予も認める。6~7月の賃料もエリアや業種に応じて1~3割減額する。(宮崎達也)