【セリエA】“怪物”ロナウドを率いてUEFAカップ優勝 シモーニ氏、脳梗塞により81歳で死去

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

インテルは22日、元指揮官のルイジ・シモーニ氏が81歳で死去したとアナウンスした。

【ラ・リーガ】セルビア人指揮官アンティッチが71歳で死去…アトレティコでダブル達成した名将

シモーニ氏は30年以上の監督キャリアで、12を超えるイタリア国内のクラブを指揮。1997-98シーズンにはインテルを指揮し、当時バルセロナから加入したロナウドを中心としたチームでUEFAカップ優勝を成し遂げた。シモーニ氏は昨年6月から脳梗塞を患ってから闘病生活を続けていたが、今月息を引き取ったとインテルが声明で伝えている。「彼の生き方は、人生においてもサッカーにおいても決して大袈裟なものではなかった。彼のサッカーは、謙虚で、機能的で、最大限の力を発揮していた。白髪の彼はファンの愛情に包まれながら、ロナウドのマジックを笑顔で楽しんでいた」。

シモーニ氏が81歳の若さで死去