1万円商品券を全住民に配布へ 小値賀町議会が可決

©株式会社長崎新聞社

 北松小値賀町議会は22日、5月会議を開き、新型コロナウイルス対策費を計上した総額7900万円の本年度一般会計補正予算案を可決した。
 町は独自の経済支援策として、1万円分の商品券を全町民約2360人に配布する。飲食やサービスなど、町内のほぼ全ての事業所で利用可能という。7月上旬の利用開始を目指す。
 西村久之町長は本会議で、国の特別定額給付金の申請受付が21日現在、町内全世帯の約97.5%に当たる1214世帯で完了したと報告した。