東京で新たに2人感染、8人死亡

陽性者、緊急事態後で最少

©一般社団法人共同通信社

 東京都は23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2人報告されたと発表した。緊急事態宣言後の最少人数を更新した。都内の感染者は累計で5138人。死者は新たに8人判明し、累計は271人となった。

 都によると、直近7日間の新規感染者数の平均は約5.9人。国が緊急事態宣言解除の目安とする10人程度を下回った。新たな感染者のうち、経路が不明なのは1人だった。

 死者のうち、60代男性は複数の感染者を出した永寿総合病院(台東区)の入院患者で、同病院での死者の累計は少なくとも41人となった。死亡後に陽性が分かった人も1人いたが、自宅療養や検査待ちの状態にはなかった。