「テラハ」共演の新野俊幸氏「俺が袋叩きにされた時...」 木村花さん追悼で言いたかったこと

©株式会社ジェイ・キャスト

22歳で死去した女子プロレスラーの木村花さんが出演中だったインターネット配信の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」は、公式サイトと公式ツイッターで2020年5月23日、「言葉を失っております」と追悼メッセージを寄せた。

テラスハウスの公式ツイッターより

番組公式ツイッター「言葉を失っております」

木村さんは23日に亡くなり、所属事務所スターダムが当日に発表した。木村さんが出演していた「テラスハウス」は、フジテレビとイースト・エンターテインメントが製作し、Netflixで配信。木村さんは番組最新シリーズに出演していた。訃報の後、番組公式ツイッターは「木村花さんの突然の訃報に接し、言葉を失っております。ご親族の皆様へ謹んでお悔やみ申しあげるとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」と木村さんの急死を悼んだ。同じメッセージは番組公式サイトにも掲載している。

木村さんと同番組で共演していた新野俊幸さんもツイッターで、「俺が袋叩きにされた時、真っ先に心配してくれた花の優しさを絶対に忘れない」と追悼。木村さんが「お互い頑張ろうね」、新野さんが「花、ありがとう!!! 嬉しい」といった言葉をやり取りするLINEの画面をアップしている。

新野さんはこの投稿の直前に、木村さんから5月12日に受けた「社長(編注:新野さんのこと)の良いとこ見れないなんて、知らないなんて可哀想 いつも笑わせてくれてありがとう」というリプライをリツイート(RT)。番組内の木村さんをめぐり、SNS上で共感や批判などさまざまな声があがっていた中で、新野さんが「安心しろ、お前の悩みは大したことない。俺は毎日のように世界中から罵詈雑言のシャワーを浴びている」と投稿したことへのリプライだった。

新野さんはこのRTの前、木村さんの訃報が伝えられた直後に「ただただ悔しい」と一言投稿していた。こうした新野さんの投稿には「テラハも観てるけどに長年のプロレスファンだったので心の整理がつきません」「哀しみでいっぱいのメンバーの皆さんを支えてください!」「見守ってくれると思います」といった声が寄せられている。