岩手の新酒10点入賞 全国鑑評会

©株式会社岩手日報社

 酒類総合研究所(広島県東広島市)は22日、2019酒造年度(19年7月~20年6月)に製造された清酒の出来栄えを審査する全国新酒鑑評会で、優れていると評価した入賞酒433点を公表した。都道府県別では39点の新潟県が最多となった。本県は10点が入賞した。金賞酒の選定は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で審査員を招集できず、中止となった。

 本県の入賞は次の通り(かっこ内は製造場)。

 ▽入賞 桜顔(桜顔酒造)AKABU(赤武酒造復活蔵)酔仙(酔仙酒造大船渡蔵)浜千鳥(浜千鳥)国華の薫(上閉伊酒造)月の輪(月の輪酒造店)南部美人(南部美人)南部美人(南部美人馬仙峡蔵)鷲の尾結の香(わしの尾)あさ開(あさ開)