高速バス6月再開 福岡-佐世保 福岡-島原

©株式会社長崎新聞社

 西日本鉄道(福岡市)は22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、運休・減便している高速バスの路線で6月1日以降、運行再開や増便をすると発表した。全便運休している福岡-佐世保は6月1日から、福岡-島原は同18日からそれぞれ運行を再開する。
 西肥自動車(佐世保市)と共同運行する福岡-佐世保はコロナ影響前よりも便数を減らし、1日44便で再開する。島原鉄道(島原市)と共同運行する福岡-島原は運休前と同じ1日6便で運行する。
 また、関連会社の九州急行バス(福岡市)が運行し、1日28便に減便している福岡-長崎は、6月1日から1日46便に増やす。