仲間由紀恵「24」日本版のキーパーソンに!唐沢寿明と連ドラ初共演

©株式会社シネマトゥデイ

「24 JAPAN」でキーパーソンを演じる仲間由紀恵 - (C)テレビ朝日

女優の仲間由紀恵が、米人気ドラマ「24 TWENTY FOUR」の日本版リメイク「24 JAPAN」(テレビ朝日系、10月放送)に出演することが24日、同局より発表された。仲間が演じるのは、ドラマのキーパーソンとなる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)。主人公・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じる唐沢寿明とは連続ドラマ初共演となり、「今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」と期待を寄せている。

日本版ジャック・バウアー!唐沢寿明演じる主人公【画像】

「24 TWENTY FOUR」は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアーが凶悪なテロ事件に立ち向かう24時間の出来事を、全24話、1話1時間のリアルタイムで描くサスペンスアクション。テレビ朝日と20世紀FOXがタッグを組んだ日本版は、CTU第1支部A班の班長を務める獅堂が、女性総理候補暗殺計画の阻止に奔走するさまを全24話で描く。

仲間が演じる朝倉麗は、民生党の党首として国民から厚い支持を獲得し、日本初の女性総理候補として頭一つ抜けた人物。二児の母でもあり、夫と二人三脚で政治活動する彼女は、権力に屈しないクリーンな印象が強いが、一方で“裏の顔”も。総選挙当日には、自らの暗殺計画が発覚し、家族にまつわるトラブルにも見舞われてしまう。

オリジナル版を「寝ずに見ていた」というほど作品の大ファンである仲間は、本作で女性総理候補という役どころに初挑戦。「クランクイン前からすごく緊張しています」と吐露しつつ、「私が演じる朝倉麗は総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが……頑張ってなりきりたいと思います」と意気込みを明かす。

主演の唐沢とは今年1月放送のスペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」(テレビ東京系)で初共演を果たしたが、連続ドラマでの共演は今回が初めて。前回は唐沢と敵対しつつ問題を共に解決する関係性だったが、本作では唐沢から守られる立場に。仲間は「厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」とコメントしている。

監督には「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などの鈴木浩介、「戦う!書店ガール」などの木内健人らが名を連ねる。日本版脚本をスペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」の長坂秀佳が執筆するほか、音楽を「刑事7人」の奈良悠樹が担当する。(編集部・倉本拓弥)