高速道路にブロック投下、少年3人逮捕 殺人未遂容疑

©株式会社熊本日日新聞社

九州自動車道に投げ込まれたコンクリートブロック。右が大型トラックにぶつかった重さ13キロのコンクリ片=23日午前0時20分ごろ、熊本市東区の熊本東署

 熊本市東区の九州自動車道下り線を走行中の大型トラックにコンクリートブロックを投げ落としたとして、県警は22日夜、殺人未遂の疑いで、熊本市の男子専門学校生(19)2人と上益城郡の会社員の少年(18)を逮捕した。

 逮捕容疑は20日午前0時55分ごろ、同区石原1丁目の跨道橋[こどうきょう]「北上橋」(高さ約8メートル)から、男性トラック運転手(41)=同市=が運転する大型トラックをめがけ、死亡する危険性を認識しながら、重さ13キロのコンクリートブロック(縦20センチ、横40センチ、高さ15センチ)を投げ落とした疑い。ブロックは荷台の屋根にぶつかったが、男性にけがはなかった。

 熊本東署によると、3人は遊び仲間で、容疑をおおむね認めているという。近くの住民の目撃情報や防犯カメラの映像などから3人を特定したという。県警は当初、器物損壊容疑で捜査していたが、「死者が出る危険性があった」と判断し、容疑を殺人未遂に切り替えて逮捕した。

 20日午前4時ごろまでに、ほかにも下り線の上南部3丁目から戸島西5丁目までの約3キロの間に、多数のコンクリ片やブロック片が散乱。ほかのトラックなど車5台も荷台がへこむなどの被害が確認されており、県警は3人の犯行とみて調べている。