親子で「あつ森」 小4長男、ゲームでお金の学習をはじめる!

©株式会社ジェイ・キャスト

私には小4の男子と年長の女子の二人の子供がいる。コロナウイルス感染拡大に伴って3月から小学校、幼稚園がお休みに。3月半ばごろ、外出ができない期間、子供たちとどうやって過ごそうかと悩んでいた。

ゲームに熱中する子ども(写真はイメージ)

ちょうどそんな最中Nintendo Switchで「あつまれ!どうぶつの森」が発売になった。元々どうぶつの森のファンだった私は発売日にソフトと自分専用のNintendo Switch Lightを購入。さっそくやってみようとしたところ、ゲーム好きの長男が興味津々に。ふだんは「フォートナイト」や「スプラトゥーン」を楽しんでいる長男。「あつ森」のような、ほんわかしたゲームには興味がないと思っていたけれど、また違ったおもしろさがあったようだ。

「あつ森」で住宅ローンを借りる、カブを買う

「あつ森」には、お金を学ぶ要素がぎっしりと詰まっていると思う。これをいい機会だと考え、長男と二人で同じキャラクターを共有して島づくりを進めていくことにした。

あつ森には「お金を稼ぐ」「お金を借りる」「お金を増やす」という3つの要素がある。使えるお金の単位は円ではなく「ベル」。お金の稼ぎ方は、釣った魚、採った虫、材料を集めて作った物、木になった果物を売るという方法がある。それぞれ珍しいものは高く売れて、そうでないものは安くしか売れない。

また、家を建てるときにはローンを借りる。金利はないけれど、ローンを返済していかなければならない。完済するとさらにローンを借りて増築することができる。家をどんどん大きくすることができ、さらにはリフォームもできる。

最後にお金を増やす要素もある。毎週日曜日の午前中には、株ではなく価格変動がある野菜のカブを売りにやってくる。買値は毎回違うが、その日の買い値は変動しない。1カブ90ベル~110ベルで販売されており、10カブから購入できる。

翌日の月曜日から土曜日まで午前と午後で価格が変動する。買値よりも高ければベルを増やすことができるし、安ければ損してしまうことになる。そのカブは1週間で腐ってしまい、1週間後には持っているカブ全部で100ベルでしか売れなくなってしまう。そのため、1週間以内にカブ価を確認して売ってしまわないと損してしまうことになるのだ。

「カブ」は9歳でも理解できる!

キャプション

長男が1番興味を持ったのは「カブ」だった。何をするにもお金が必要なので、まずはお金を増やすことに興味を持ったようだった。毎週日曜日にはカブの買値をチェック。できるだけ安く買いたいので、90ベルに近ければたくさん購入して、110ベルに近い価格なら少額にしておくと考えるようになった。

「買値が高ければ、買わないという選択肢もあるよ」と教えたけれど、「持っていなかったら、価格が上がっても楽しみがないから、少しでも買いたい」と言ってきた。確かに持っていなければ損はしないけれど、トクもしない。少しでも持っていれば、楽しみがあるのも理解できる。

次の日から午前と午後にはカブ価のチェックを忘れずにするようになった。月曜日少し価格が上がっていた。長男にどうするか聞いてみた。少し悩んで、「じゃあ3分の1だけ売ることにする」と。

てっきり全部売るか売らないか考えていると思っていたら、しっかり頭の中で計算していたことにビックリ。まだ月曜日なので、明日以降もさらに上昇する可能性もある。逆に下がるかもしれない。だから部分的に売却すれば、大きな損をしにくいと考えたようだった。

もしこのまま下がってしまったら、また来週買って合わせて考えればいいとまで言ってきた。先まで計算できるようになっていたことに関心した。

こうやって毎日カブ価をチェックしていくうちに、カブ取引にも慣れてきて、自分で損益の計算もできるようになってきている。ゲームを通して投資に少し触れることができたのは良い経験だと思う。

私たちは将来の老後資金を年金に頼れる世代ではない。つみたてNISAやiDeCoでの投資も活用して老後資産を自分自身で準備していかなければならないのだ。子供たちには将来自分の資産をしっかりと管理できるようになってほしい。そう考えると小さいうちからの投資教育は大事だと思う。「あつ森」でお金を増やすというやり方を学べたことで少し成長できたと感じた。

P.S.
主人のあっきんは「あつ森」で長男がカブに慣れてきたので、米国株の存在を伝えていました(笑)

(ひろこ)