「芸能人が叩かれていたので不安」那覇空港、旅客まばら 休業全面解除で初の週末

©株式会社沖縄タイムス社

県の休業要請全面解除後も旅客が少ないチェックインロビー=23日午前、那覇空港

 県の休業要請が全面解除されて初めての週末となった23日、那覇空港にはマスク姿でキャリーケースを手にしたビジネス客や旅行客が次々に降り立った。引き続き欠航便が相次いでいるものの、客待ちのタクシー乗務員は「少しずつ人が増えてきている」と変化を実感していた。

 到着ロビーにはビジネス客や家族連れの姿があり、はしゃぐ子どもに親が「マスクして」と注意を促す場面も。県外から旅行で訪れた男子大学生(24)は「芸能人が沖縄に行ってたたかれていたので不安。会員制交流サイト(SNS)にアップするのも控えて、滞在中は感染対策をする」と心配していた。

 タクシー乗務員の屋宜宣勇さん(60)は「全面解除後から客待ちの時間が短くなってきた。感染の第2波は怖いが、人が来てもらわないと経済が回らない」と複雑な心境を話した。

 

(写図説明)県の休業要請全面解除後も旅客が少ないチェックインロビー=23日午前、那覇空港