「歌舞伎町ぼったくりバー」というヤラセ企画の製作者はご用心 『別の人』が出てきます

©TABLO

撮影・編集部

安倍首相が緊急事態が一部解除の可能性を示唆しました。これで繁華街に活気がすぐに戻ってくるとは思えませんが、「良かった」という人、「第二波を警戒」という人。まだどうなるのか、人類初めてのウィルスに対して、確固たる予想など誰にも出来ようないでしょう。

とろこで国民の気のゆるみが、たびたびメディアで報じられています。繁華街を裏で仕切るヤクザはどうコロナ対策をしているのでしょうか。

東京都内一の繁華街新宿(新宿と言っても広いので詳しい場所はNG)で武闘派組織として鳴らしている広域指定暴力団三次団体組長に、コロナ対策について聞いてみました。

「コロナ? それは我々も対応していますよ。一人ひとり気を付けなければならないでしょう。マスクをして手洗いするように組員に言っていますよ」

一人ひとりと言うと組長が組員に声がけをしているという事ですか?

「それはないですよ(苦笑)。私が一人ひとりに言うのは面倒くさいでしょう」

確かに。安倍首相はどうですか? コロナ対策などを見てどう評価していますか?

「安倍さんはよくやっているだろう。他に誰が(首相を)出来るの? 感染者も少なくなっているし。大体、野党に安倍さんみたいな人がいますか?」

野党の支持率も上がっていませんものね。ところで親分はYouTubeとか見ていますか?

「YouTube? 見ていないよ。何、あなたは見ているの?(苦笑)」

はあ、仕事がらたまにチェックします。

「あんなの見ないよ(笑)」

最近気になっているのが、「ぼったくりバーに潜入」的な企画なのですが。

「歌舞伎町にぼったくりバーとかないだろ」

歌舞伎町以外に、というのもありまして。

「ぼったくりバーから逃げたら無銭飲食だろ。金を払っているんなら別だ。マンモス交番(歌舞伎町一大きい交番)にそんなのたくさんいるでしょう」

ああいう企画って、御覧になっていないのでコメントしづらいかも知れないのですがどう思いますか。

「どうせ、顔出していないんだろ。もし、顔出ししているのなら、『他の人間』が見つけ出すんいじゃないの」

『他の人間』がどういう種類の人たちなのか、想像すると恐ろしいですが、ヤラセもなかはあるのではという事は否めないようです。

ですから、「エンタメ」として楽しむ分には良いのではないでしょうか。

ただし上記の組長のような洒落にらない人たちもいる事を認識しておいてください。そもそも、このクラスになると、まずYouTubeには出ないでしょう。(文◎編集部)