「夏の甲子園」中止 高校球児の進路、未来…改めて考える「高校野球のビジョン」

©ジグノシステムジャパン株式会社

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。5月22日(金)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「夏の甲子園中止。改めて考える高校野球のビジョン」。スポーツジャーナリスト・古内義明さんに話を伺いました。

※写真はイメージです

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「全国高校野球選手権大会」を主催する日本高校野球連盟は5月20日(水)、今夏の「第102回全国選手権大会」と、代表49校を決める「地方大会」の中止を発表。それに伴い、高校球児たちの活躍の場を提供するべく、さまざまな野球関係者が動き出しています。

また、来春の「選抜高等学校野球大会」出場に向けた戦いは、例年は8月下旬からスタートするため、来年の開催へ向けて不安視される声もあがっています。

*  *  *

山崎:まずは、日々の部活動への影響だけでなく、甲子園のような大きな目標がなくなる可能性もあるということがわかった高校野球の現状を教えてください。

古内:私も高校から大学まで野球をやった者として、今回の夏の甲子園の中止は非常に胸が痛いです。球児、監督、ご両親のことを考えると、無念さというものが本当によくわかります。

私は福島県の磐城高校出身で、今年、「21世紀枠」でセンバツ出場だった彼らのサポートをしてきました。甲子園の大きさを実感している一方で、1回戦、2回戦で負けてしまうチームから、日本一を本気で狙っているチームまで、14万人の高校球児がいます。彼らのことを思うと、それぞれの無念さ、悔しさ、考え方があるんだなという思いもあります。

彼らがこの先、なんとか今後の目標に向かって成就できるような各都道府県の大会が、今、切望されているというふうに考えています。

山崎:コロナウイルスの感染症と隣り合わせで生きていく時代に思い描く、高校野球の在り方について教えてください。

古内:当然、新型コロナウイルスで悲観的な難しい問題もあると思います。一方で、これをきっかけに“新しい高校野球の潮流”が生まれる機運もあります。

例えば、オンラインのミーティングを頻繁にしたり、LINEなどで映像を送って、監督や顧問の先生から個別のアドバイスをもらったり、日ごろとは違うコミュニケーション方法が生まれたりすることもあります。

また、これまでの“監督についてこい!”といった1つの文化ではなく、球児たちが自分で考えてアクションを起こすという、2つ目、3つ目の新しい高校野球の形が、今回の新型コロナウイルスによって生まれているというのは、非常に前向きで良かったなと痛感しています。

また、学校の休校を受けて、部員全員で集まって野球の練習をすることが難しくなった今、新しい指導方法も生まれつつあります。

山崎:変化が求められる高校野球、今後、描くべきビジョンを教えてください。

古内:今夏の甲子園中止によって、おそらく球児たちの未来像や進路の考え方も大きく変わってくると思います。

例えばアメリカでは、進学に際して医学部に入っても野球を続けると、その延長上でメジャーリーガーになって、医師の国家試験にも合格して、医者になる選手も出てきたりします。

今回の新型コロナウイルスによる歴史的なパンデミックをきっかけに、例えば野球をやって、医学部にも進んで、“未来の後輩たちに今回のような辛い思いをさせたくない。僕は医者になってウイルス研究をしよう!”というような新しい価値観が生まれて、多様な文化や考え方を持って、次の未来を考えるようになる気もします。

または、野球のなかでも複数のポジションを守るとか、野球以外のスポーツもやるとか、いろんな選択肢を持って、自分の新たな考え方や価値観、行動によって、二刀流、三刀流……が生まれて、新しい高校野球の形ができてほしいなと願っています。

山崎:これまでになかった指導方法によって、野球そのものはもちろん、それ以外でも、選手個人の新たな才能が開花することにも繋がるかもしれません。そして同時に、チームの力を育む時間も必要です。どのように工夫して練習や試合をおこなうのか、新しい試みが期待されますね。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月30日(土) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/