左ハンのハリアーデビュー! ハリアー人気は世界規模に拡大するゾ【日本で買えないクルマ】

©オートックワン株式会社

トヨタ 新型ハリアー北米仕様「Venza(ヴェンザ)」2021年モデル

先代ヴェンザは大柄ボディが自慢!新型はラグジュアリー仕様に

トヨタ 初代ヴェンザ
トヨタ 新型ハリアー北米仕様「Venza(ヴェンザ)」2021年モデル
トヨタ 新型ハリアー北米仕様「Venza(ヴェンザ)」2021年モデル

そもそもヴェンザは、5人乗りのミドルサイズSUVだ。ちなみにスリーサイズは、全長×全幅×全高:4801×1905×1610mmで、ランドクルーザープラドよりも24mm短い程度の大柄なボディの持ち主であった。

今回発表されたヴェンザは、車名こそ同じだが、実質的には新型ハリアーの輸出バージョン。簡単にいえば、国内専用であった現行型ハリアーがいよいよ海を渡って世界モデルとなったってワケ。

ハリアーと違うのはハンドルの位置のみ

トヨタ 新型ハリアー北米仕様「Venza(ヴェンザ)」2021年モデル
トヨタ 新型ハリアー北米仕様「Venza(ヴェンザ)」2021年モデル

ざっくり言えば、新型ハリアーのハンドルを左に変更した程度で。内容ほとんど同じ。

ご覧の通り新型ヴェンザは、いわばハリアーの左ハンドル版。初代ハリアーがレクサス RXとして北米でも人気を博したように、新型ヴェンザも爆発的人気になること間違いなし。日本人的には、あまりイメージが良くない車名だが、その活躍に期待大だ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】