「金が欲しかった」"現金輸送スタンガン強盗" 警備員2人相手に襲いかかるも返り討ち 白昼のATM騒然

©北海道文化放送株式会社

北海道札幌市清田区のショッピングモールで、ATMの現金を回収していた警備員をスタンガンのようなもので襲ったとして、58歳の無職の男が逮捕された強盗致傷事件で、男は「金が欲しかった」と話し警備員2人がいる状況で犯行に及んだことがわかりました。

強盗致傷の疑いで5月24日送検された札幌市清田区平岡5条2丁目の無職・中川雅幸容疑者(58)は、21日正午ごろ、清田区平岡のイオンモール札幌平岡の一階にあるATMで、現金を回収していた56歳の男性警備員から現金を奪おうと、殴るなどしてけがをさせた疑いがもたれています。

当時現場では男性警備員が2人で現金の回収作業をしていて、中川容疑者は普段施錠されている店内のドアからATM裏手のスペースに侵入し、犯行に及びました。

中川容疑者は2人のうち1人を殴ったほか、スタンガンのようなものも使い現金を奪おうとしましたが、殴った警備員本人に取り押さえられたということです。

調べに対し中川容疑者は、「金が欲しかった」などと容疑を認めているということです。