DeNA今永&浜口のローテ左腕がシート打撃で好投! 「より精度を」「修正しながら」

©株式会社Creative2

シート打撃に登板したDeNA・今永昇太【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

今永は打者6人に対し1安打、浜口は打者8人に対し無安打

DeNAの今永昇太投手と浜口遥大投手が24日、横浜スタジアムで行われたシート打撃に登板。今永は最速148キロをマークし被安打1、浜口は最速146キロをマークし被安打0とW左腕が開幕に向け順調な調整を見せつけた。

今永は打者6人対し17球を投げ、戸柱に中前打を浴びたが被安打1、3奪三振無四球の好投を見せた。2年連続の開幕投手に内定している左腕は「しっかりシートバッティングに向けて準備をしてきて、久しぶりの実戦登板にしては良かったと思います。内容としては、対打者というよりはマウンドの傾斜、キャッチャーとの間合いなどの確認、また、今まで意識してきたフォームを無意識化して対応できたことは良かったです」とコメント。

次回登板に向けては「投げミスもありましたが、要求通り投げられたボールもあり発見もありました。次回の実戦では、より精度を高めると同時に調子の良い悪いも出てくると思うので、ファール、カウント、見逃しを取りたいボールを投げる前から考えて投げたいです」と課題も口にした。

一方、浜口も打者8人に対し25球を投げ被安打0、2奪三振2四球と好投。開幕ローテ入りが有力な左腕は「自主練習期間中にキャッチボール、ブルペンで意識していた体の使い方をストレートに関しては、しっかり繋げることができました。少し変化球の使い方も変えながら投げましたが、打者の反応を見ても思ったより良かったかなと思います」とコメント。

チェンジアップの抜け具合を課題に挙げ「修正しながらもっと上げていけたらと思います」と語っていた。(Full-Count編集部)