オンラインでアメリカ・オレゴン州のビールシーンを体験しよう! オ州酒ブログがオンラインツアーを始めます

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

「全米一住みたい街」のランキングに常に選ばれる地域として有名なアメリカ・オレゴン州ポートランド。クラフトビールの人気も高く、「CULMINATION BREWING」「GREAT NOTION BREWING」「GIGANTIC BREWING」など日本でも人気のブルワリーが数多くあります。

この地で、日本人向けのビールツアーをしているRED GILLEN(レッド・ギレン)さんをご存じでしょうか? 彼を知らなくても「オ州酒ブログ」を見たことがある人はいるのではないでしょうか。

私も2018年にポートランドのブルワリーを取材したときにアポイントや通訳をしていただき大変お世話になりました。

「オ州酒ブログ」は、オレゴン州のビールシーンを知るのに役立つ【画像提供/オ州酒ブログ】

■新型コロナウイルスの感染拡大でツアーの継続が困難に

多くの日本のビールファンにオレゴン州の魅力を伝えてくれているレッドさんですが、アメリカでも感染が広まっている新型コロナウイルスの影響で、現在ツアーを中止せざるを得ない状況が続いています。

ブルワリーを取材時に通訳をするレッドさん。これは2018年にHOPWORKS URBAN BREWERYを取材したとき。

「新型コロナウイルスが収束しない限り、ツアーは再開できない。その間、日本との交流が途絶えてしまう。ここ数年、日本とポートランドの醸造家たちの交流も多くなってきて良い形になっていたので、この流れを止めたくありませんでした」

日本とオレゴン州をつなぐ方法を模索するなかで、日本の知人を通じてオンラインで現地の様子を伝えるセミナーを開催したところ多くの人が参加。他のウェブセミナーにも参加し、「オンラインなら新しい価値を提供できると思いました」と、ウェブ上でのツアーを始めることになりました。

■オレゴンの飲食関係者や醸造家に直接アクセスできるので、旅費や時間がかからない。

このオンラインツアー最大のメリットはアクセスです。お客さんは、職場や自宅にいながら自分が話を聞きたい分野で活躍する方々と出会い、話を聞くことができます。レッドさんが通訳をしてくれるので、英語に自信がなくても問題ありません。旅費もかからないので、経費の節約にもなります。話を聞いてみたかったけど時間と旅費が課題だった方にも利用できるようになりました。

オンラインミーティングアプリを使用するので、複数人が同時に話を聞くことができるのでオンライン社員研修も可能です。

オンラインツアーの内容は3つに分かれます。

1.ON-LINE MARKET VISITS(オンライン市場調査・視察・取材)

注目される飲食分野の職人、オーナー、製造者、マーケッター、スタッフとの対談サービスを提供。ポートランド市、オレゴン州のブルワリー、ワイナリー、ハードサイダリー、蒸留所、飲食店、酒販店、バー、カフェ、農家、スイーツ屋などから情報を得ることができます。

2ON-LINE TRAINING & INSTRUCTIONオンライントレーニング・教育)

ポートランド・オレゴン州の名ビール醸造所、ワイナリー、サイダリー、蒸留所、農家、加工食品メーカーから飲食の製造技術、機材操作、素材使用、農業テクニック、品質管理などを教えてもらえます。

3ON-LINE BUSINESS COLLABORATIONオンライン商談・コラボ事業)

製品の輸出や輸入、素材の調達、コラボレーション製品の製造などのビジネスチャンスを達成する商談設定・アシストサービスを提供します。ポートランド市、オレゴン州の飲食関連の会社をつなぎます。

オンラインツアーでは、レッドさんも自宅から参加。感染予防の観点からもオンラインは役に立っている。【画像提供/オ州酒ブログ】

唯一、残念なのがオンラインという形式上、試飲・試食ができないこと。ブルワリー巡りをしたい方は、まずオンラインで現地の雰囲気を知っていただき、新型コロナウイルス収束後に実際に訪れてほしいと思います。

費用などの詳しい情報は下記にあります「オ州酒ブログ」ウェブサイトから連絡をしてください。

その他、現地のブルワリーの情報が掲載されています。オレゴン州の情報を知りたい方は、ぜひご覧ください。

★オ州酒ブログウェブサイトはこちらから

JBJAでは、新型コロナウイルスにより苦境に立たされているビール業界を応援するプロジェクトを立ち上げました。近隣のブルワリー、店舗がありましたらご支援よろしくお願いします。

《あのビアバー・ビアパブ」を救おう!》JBJA支援ページ

【随時リスト更新中!】全国の通販可能ブルワリー&持帰り可能ビアパブ