住宅用火災警報器は10年を目安に交換しましょう

©株式会社VOTE FOR

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。
10年を目安に交換しましょう。

定期的に動作確認をしましょう
・ボタンを押す、またはひもを引いて作動確認をします。