知っトクBunkyoーお知らせ(1)

©株式会社VOTE FOR

■都営住宅入居者募集
家族向、単身者向、若年夫婦・子育て世帯向(定期使用住宅*)
対象:次の要件を全て満たす方
(1)家族向…都内に居住し同居親族がいる、単身者向…高齢者又は障害者等で都内に3年以上居住している
(2)収入が定められた基準内
(3)住宅に困っている
(4)暴力団員でない
申込書配布(6月8日(月)~16日(火)):シビックセンター1階受付・地域活動センター・勤労福祉会館・福祉住宅サービス

問合せ:東京都住宅供給公社都営住宅募集センター
【電話】03-3498-8894
*定期使用住宅:10年に限り入居できる住宅
※詳細は申込書を参照

■毎月7日は文京版クールアース・デー~6月のテーマは「省エネルギーラベルの紹介」
夏に向けてエアコン等の省エネ型製品を買い替える際、基準のひとつとなる「省エネルギーラベル」を紹介します。(詳細は本紙または区HPをご覧ください。)

(1)省エネ性マークは緑色を選ぶ
マークは緑色(例1)とオレンジ色(例2)の2種類があり、緑色が省エネ基準を達成しています。

(2)省エネ基準達成率は数値が大きいものを選ぶ
その製品がトップランナー基準値を、どの程度達成しているかを%で示しています。

省エネルギーラベルはエアコン以外にも照明器具や冷蔵庫、テレビ等にも表示されています。
環境に優しい商品を選択しましょう。

問合せ:環境政策課地域環境係
【電話】03-5803-1828

■空家等対策関係事業
区では、空家等の有効活用の促進のため、空家等に関する事業を実施しています。

(1)空家等利活用事業
区内に空家等を所有する方と空家等の利活用を希望する方をマッチングします。マッチングが成立した場合、地域活性化に資すると区が認める施設として10年間以上利用するときは、必要な空家等の改修費用(上限200万円)を区が補助します。

(2)空家等対策事業
管理不全な状態と認められた空家等について、空家等の除却費用(上限200万円)を補助し、除却後の跡地について、区が無償で10年間借り受け、行政目的で使用します。

(3)空家等相談事業
空家等に関する様々な問題について、経験豊富な専門家(弁護士等)が相談に応じ、必要な知識や情報の提供、助言を行います。

対象:区内空家の所有者等

問合せ:住環境課管理担当
【電話】03-5803-1374

■蚊の発生を防ぎましょう
蚊は梅雨頃から秋にかけて発生が多くなります。幼虫(ボウフラ)のうちに退治することが効果的です。

●ボウフラの発生源とその対応
ボウフラは空き缶などの空容器、植木鉢の受け皿、じょうろ、バケツ、ビニール袋、ビニールシートのくぼみ、放置されたタイヤ、雨どい、側溝などの水溜りに発生します。物を片付けたり、水を捨てましょう。

問合せ:生活衛生課環境衛生担当
【電話】03-5803-1227