愛のデュエット発表 計7回の結婚歴、宇都宮の水沼さん夫婦 「新婚さん」やラジオ出演も

©株式会社下野新聞社

カラオケ配信される予定の映像の隣で愛情豊かに見つめ合う水沼さん夫妻

 2人合わせて7回の結婚歴がある栃木県宇都宮市宝木町2丁目、水沼英昭(みずぬまひであき)さん(75)、ノリ子(こ)さん(63)夫妻が互いへの愛を込めたデュエット曲を発表した。ラジオ出演を重ね、聴取者に元気を与えている。夫妻は七転び八起きの人生を振り返りつつ「今が本当に幸せ。残りの人生を楽しく歩んでいきたい」と声をそろえ、明るい未来を描く。

 英昭さんとノリ子さんは同じ観光バス会社で運転手とバスガイドとして働く同僚だった。退職後は会っていなかったが、互いに離婚したタイミングで、20年ぶりに連絡し合い「一人でいるのは寂しい」と急接近。2016年4月、英昭さんは3回目、ノリ子さんが4回目となる結婚に至った。

 明るく、ユーモアあふれる夫妻。昨年2月、人気テレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」に出演して大きな話題を呼んだ。

 夫妻が通うカラオケ教室の講師で作曲家の長坂嘉明(ながさかよしあき)さん(77)が「年齢を重ね、こんなに呼吸の合う夫婦は珍しい。燃える愛の歌を作って多くの人に勇気を与えよう」と提案。ノリ子さんが考えた歌詞に長坂さんが演歌調の曲を付け、「ヒデ&ノリ」のデビュー曲「愛の夢」が生まれた。

 「あなた一人に頼ってみたい」「お金なんかはいらない 優しさがほしい」(ノリ子さん)「信じてついてくればいい」「優しさだけは負けないさ」(英昭さん)-。歌詞には山あり谷ありの人生を越えて育まれた愛情がつづられている。

 4月にはコミュニティーFM「みやラジ」やエフエム桐生で歌声を披露。「元気が出た」と反響があった。また長坂さんの計らいにより、同下旬から通信シリーズ「ジョイ・サウンド」で夫妻が歌う映像付きでカラオケ配信された。

 「いろいろあったけれど頑張って生きていれば、誰かが見ていてくれる」と喜びをかみしめるノリ子さん。英昭さんは「何歳になっても、希望を持って生きていくことができるんだと伝えたい」と笑顔を見せた。