白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈が再び 乃木坂46新曲「夢の共演」でエールと感謝

©株式会社ジェイ・キャスト

アイドルグループ・乃木坂46は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかける新曲「世界中の隣人よ」のミュージックビデオ(MV)を2020年5月25日、公式ユーチューブで公開した。

新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかける新曲「世界中の隣人よ」(画像は乃木坂46公式ユーチューブより)

現役メンバーだけでなく、グループを卒業したOGも参加。「夢の共演」にファンは大喜びだ。

テレ朝・斎藤ちはる「心は一つだと感じました」

「世界中の隣人よ」は、外出自粛を心がけている人たちへのエールと、医療従事者への感謝の気持ちを込めた曲。各メンバーが携帯電話のカメラで撮影した映像を中心に、毎年グループがライブを開催している東京・明治神宮野球場の様子も収められている。

卒業を発表している白石麻衣さんから歌がスタートし、各メンバーが自宅などから歌っている様子が順に映る。静かで爽やかなメロディーが特徴的な楽曲に仕上がっている。

MVには、グループを卒業した11人のメンバーも参加している。バラエティー番組やドラマで活躍する生駒里奈さんや、西野七瀬さん、アナウンサーとして活躍するテレビ朝日・斎藤ちはるさんと日本テレビ・市來玲奈さんらが勢ぞろいだ。

グループキャプテンの秋元真夏さんは新曲について、「聴いて頂いた皆さんに、少しでも希望を持ってもらえる楽曲になってくれたら嬉しいです」とコメントしている。また、斎藤ちはるさんは20年5月25日に自身のインスタグラムを更新。乃木坂メンバーとの集合写真とともに「離れていても、いろんな道に進んでも、心は一つだと感じました」と楽曲参加への思いを綴った。

MV公開日が誕生日と重なった「あの人」

新曲が公開されると、ツイッターでは「卒業していったメンバーがこんな形で出るなんて。グッとくる」「卒業生と現役生の夢の共演 朝から元気もらえました!!」など卒業メンバーの参加を喜ぶ声が相次いでいる。

また、5月25日は西野七瀬さんの誕生日でもあり、「なぁちゃんの誕生日に歌声が聞けるとか最高すぎ」「推しの誕生日に推しが乃木坂にかえってきた」「運営さん、ステキなプレゼントをありがとう」など、誕生日に絡めた書き込みも続出している。<J-CASTトレンド>