仲間由紀恵「24 JAPAN」で日本初の女性総理候補に

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で10月から放送される開局60周年記念の連続ドラマ「24 JAPAN」(開始日時未定)に、仲間由紀恵が出演することが分かった。

同ドラマは、2001年に放送開始されたアメリカのドラマ「24」の日本版リメーク作品。原作は、アメリカ連邦機関「CTU(テロ対策ユニット)」捜査官のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイルとスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットを記録したシリーズ。

初の日本版リメークとなる本作では、主演・唐沢寿明が日本版ジャック・バウアーとなる獅堂現馬(しどうげんば)を演じることが既に発表されており、地上波放送だけにとどまらず、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」、同局の新動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」とも連携し、多角的なプロジェクトが予定されている。

“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描く本作で、仲間が演じるのはキーパーソンとなる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくらうらら)。

仲間は「(原作は)“初めてこんなにドラマにハマった”という作品でした。面白くて見るのを止められずに、まさに寝ないで見ていたドラマです。『1日の中での話』ということや、テロの危険にさらされるという設定なども、どうなるのかと最後までドキドキしながら見ていました」と語るほど、夢中だったことを明かす。そして「クランクイン前からすごく緊張しています」と素直な心境を口にし、「総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが…頑張ってなりきりたいと思います」と謙虚に意気込みを語った。

また、唐沢とは今年1月に放送されたスペシャルドラマ「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」(テレビ東京系)で初共演を果たしているが、連ドラで共演するのは今回が初めて。「今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」と笑顔を見せると同時に、コロナ禍に対する慎重さが求められる世の中にも思いをはせ、「世界中もですが、日本もまだまだ自粛を意識しながら生活を続けていくことになりますが、日本版『24』のフィクションの世界に浸って、スピード感のある唐沢さんの活躍とともに、ストレスを解消して楽しんでもらえたらと思います」と視聴者へメッセージを送り、アピールしている。