首相、緊急事態宣言を全面解除

外出や催し自粛、段階的に緩和

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の全面解除を表明する安倍首相=25日午後6時8分、首相官邸

 政府は25日夜、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全面解除した。継続中だった北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県を対象から外した。安倍晋三首相は記者会見し、外出やイベントを含めたあらゆる社会経済活動を段階的に緩和する方針を示した。「わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた」と強調。再流行に備え、医療体制の充実に2兆円の予算を積み増すと説明した。日本の感染症対策は新たな局面に入った。

 私権制限を伴う緊急事態宣言は4月7日に7都府県を対象に初発令してから49日間で、全面解除となった

買い物客が行き交う東京・上野のアメ横商店街=25日午後