【動画】ドラマ『いとしのニーナ』撮影中の出演者にインタビュー「今後期待することは?」

©株式会社フジテレビジョン

5月24日(日)24時よりFODにて第2話が配信されているドラマ『いとしのニーナ』。

いくえみ綾の漫画を原作に、幼なじみが起こした拉致事件をきっかけに憧れの美少女・ニーナのボディーガードをすることになった高校生・外山厚志(とやま・あつし)の不器用だが純粋でまっすぐなラブストーリーを描く。

フジテレビュー!!では、主人公の厚志を演じる岡田健史を始め、ヒロイン・ニーナ役の堀田真由、厚志の親友・マサ役の望月歩、厚志とマサの同級生・牛島役の笠松将、ニーナの親友・麻美役の長見玲亜に動画インタビューを実施。

第3弾では、当時、撮影真っ只中だった出演者に、今後の撮影で期待していることを語ってもらった。

第1弾第2弾はこちらから

望月は「マサとして関わらせてもらっているみんなと仲良くさせてもらいたいな」と笑顔で話し、堀田は第1話のクライマックスのシーンへの期待を明かす。その結果は、ドラマ本編で確認してもらいつつ、他の出演者たちのコメントは動画をチェックしてみてほしい。(堀田が話す“水をかけるシーン”の真相はこちらへ

<第3話 ストーリー>

厚志はニーナのボディーガードを続ける中で、ニーナとの距離が縮まってきていることに喜びを覚える。

一方で、浮かれている厚志の様子に気づいたマサは、徐々に怒りを募らせていく。事件を起こした牛島がいなくなったことで学校には行くようになるが、厚志とは距離を取ろうとする。

そんな中、厚志はニーナとマサを会わせて、マサに拉致事件のことを謝罪させる機会を作ろうと奔走する。