倉敷市、ふるさと納税で支援を 受け付け開始 コロナ対策資金に

©株式会社山陽新聞社

倉敷市が始めた新型コロナ対策のふるさと納税を伝えるサイト内のページ

 倉敷市は、新型コロナウイルス感染症対策の資金を集めるため、ふるさと納税制度を活用した寄付の受け付けを始めた。

 市民から「(全国民に一律に支給される)特別定額給付金の10万円をコロナ禍で大変な状況にある人のために役立てたい」などの声が複数寄せられたこともあり、22日から行っている。感染症拡大の防止策や地域の経済対策などに活用する。

 ふるさと納税の仲介サイト「ふるさとチョイス」で原則受け付ける。市内在住者からの寄付は、返礼品の提供はない。

 市税制課は「コロナの収束が見通せない中、支援の意思がある人にはぜひ利用してもらいたい」としている。問い合わせは同課(086―426―3175)。