新型コロナ県内初の死亡確認 甲府市の高齢女性

©株式会社テレビ山梨

山梨県甲府市は、新型コロナウイルスに感染し入院していた市内の高齢の女性が死亡したと発表しました。
山梨県内で感染者の死亡が確認されたのは初めてです。
甲府市によりますと亡くなったのは市内に住む高齢の女性です。
女性は4月、せきや発熱の症状が現れ、その後、新型コロナウイルスへの感染が確認され県内の感染症指定医療機関に入院していました。
当初、症状は重くなかったということですが徐々に状態が悪化し5月24日新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったということです。
基礎疾患は特にありませんでした。
市は女性が何例目に感染が確認された患者なのかや年代などの情報ついて遺族の意向として明らかにしていません。
県内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人が死亡したのは初めてです。