「母の遺体を放置してしまった」 52歳の男を逮捕

©株式会社テレビ山梨

同居する母親の遺体を自宅に放置したとして山梨県山梨市の52歳の男が逮捕されました。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、山梨市下石森の自称・無職原藤信一容疑者52歳です。
警察によりますと原藤容疑者は、5月18日頃から24日までの間、自宅に母親の光代さん88歳の遺体を放置した疑いが持たれています。
5月24日午前、原藤容疑者自らが、「母が息をしていない」と消防に通報し、駆け付けた消防と警察が、寝室で光代さんの遺体を見つけました。
警察の調べに対し、原藤容疑者は、「母の遺体を放置してしまった」と容疑を認めているということです。
原藤容疑者と光代さんは2人暮らしで警察で死因や動機などを調べています。