マカオ、20年第1四半期の小売業販売額が対前年45.1%減の約1517億円に…新型コロナ影響下

©大航海時代新聞出版社有限公司

新型コロナの影響でインバウンド旅客が激減したマカオ。写真は観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡=2020年4月13日本紙撮影

 マカオ政府統計調査局は5月25日、今年第1四半期(2020年1〜3月期)の小売業販売額調査結果を公表。

 マカオでは1月下旬から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策の一環として厳格な入境制限が講じられた結果、インバウンド旅客数が激減。インバウンド依存度が高い国際観光都市とあって、経済は大きな打撃を受けている状況だ。

 今年第1四半期の小売業販売総額は前年の同じ時期から45.1%減の112.4億マカオパタカ(日本円換算:約1517億円)にとどまり、販売量指数も44.8%減だった。

 前年の同じ時期との販売額の比較では、時計・宝飾品が57.5%減、百貨商品が56.4%減、成人ファッションが52.9%減、革製品が52.9%減、スーパーマーケット商品が14.0%増。価格要因を排除した販売量指数は、時計・宝飾品が60.7%減、百貨商品が54.3%減、成人ファッションが48.2%減、革製品が47.3%減、スーパーマーケット商品が11.9%増。

 昨年第4四半期の販売総額(修正後数値)との比較では45.8%減。内訳は、時計・宝飾品が57.5%減、百貨商品が54.5%減、化粧品・衛生用品が54.0%減、スーパーマーケット商品が10.2%増。販売量指数は45.5%減で、時計・宝飾品が59.0%減、化粧品・衛生用品が53.7%減、百貨商品が53.5%減、スーパーマーケット商品が8.4%増。

 今年第2四半期の販売量の見通しについて、調査対象となった小売店の80.5%が前年同期から減少、13.3%が変わらずと回答。また、商品の販売価格については68.1%が据え置き、27.0%が下落、4.9%が上昇するだろうとした。このほか、第1四半期と比較した第2四半期の経営状況については、52.9%が悪化、23.9%が安定継続、23.2%が良化するとの見通しを示した。