楽天ペイのチャージ方法は何種類?チャージ方法や注意点を解説

©株式会社ブレイク・フィールド社

そもそも楽天ペイとは?

楽天ペイとは楽天ペイメントが運営するスマホ決済サービスです。楽天ペイを使うことで、楽天市場や楽天モバイルなど、いろいろな楽天サービスで貯めた「楽天スーパーポイント」をコンビニやドラッグストア、飲食店など日常の支払いに使うことができます。

今までは楽天サービス内でしか使えなかったポイントを一般のお店でも使えることから、楽天ユーザーにとって利便性が高いスマホ決済サービスであるといえます。また、楽天ペイには以下のように多くのメリットがあります。

__・楽天カードを使ってチャージすると還元率が合計1\.0%になり、ポイントを貯めやすい
・ラクマの売上金を楽天ペイで使える
・実店舗だけではなく5000以上のECサイトでも決済に使える
・登録できるクレジットカードが多く、クレジットカード払いなら還元率が合計1.5%
・楽天の期間限定ポイントをむだなく使える__

楽天ペイは楽天ユーザーにとって利便性が高いことが特徴ですが、楽天サービスを使っていない人にとっても、使えるお店が多くポイントを貯めやすいスマホ決済サービスであるといえます。

楽天ペイのチャージってなに?

チャージとは、「楽天ペイ」というスマホ決済サービスのアプリに入金をすることです。楽天ペイにチャージをすると「楽天キャッシュ」の残高が増えます。そして、その残高までは楽天ペイを使った支払いをすることができます。

残高が減ったら再びチャージをして、楽天ペイの残高を増やしてから支払いに使います。チャージは1回1000円以上でとても簡単にできますので、楽天ペイに余分な残高が余らないように「使いたい分だけ、をこまめにチャージして楽天ペイで支払う」という使い方もできます。

楽天ペイが持つチャージ(入金)方法を解説

楽天ペイでは3つのチャージ方法があり、自分に合ったものを選ぶことができます。一番お得なのは楽天カードを使ったチャージです。

楽天ペイを利用すると支払額に対して0.5%のポイントが貯まりますが、楽天カードでチャージをすると楽天カードを利用した分の「0.5%」も獲得できるため、合計で1.0%のポイント還元率となります。

楽天銀行口座からチャージ

楽天ペイに登録できる銀行は「楽天銀行のみ」となっています。楽天ペイに楽天銀行口座を登録するとチャージができるようになりますが、データが反映されるまでに数日かかることもあります。

楽天口座を登録すると、楽天ペイをより便利に利用することができますので、できれば楽天ペイのアプリをダウンロードしたときに一緒に口座情報を登録しておきましょう。

楽天銀行では新規口座開設でキャッシュバックがもらえるなど、お得なキャンペーンを常時実施していますので、楽天銀行の口座がない人はこの機会に作っておくことをおすすめします。

<楽天銀行口座の登録方法>

楽天ペイに楽天銀行の口座情報を登録する手順は以下のようになっており、とても簡単です。

__(1)楽天ペイ画面の「チャージ」をタップ
(2)「チャージ方法」をタップ
(3)「楽天銀行を登録」をタップ
(4)「(楽天銀行口座登録の設定)次へ」をタップ
(5)楽天銀行のユーザーIDとログインパスワードを入力して認証完了__

<楽天銀行からチャージする手順>

楽天銀行の登録が完了すれば、口座からチャージをすることができます。

操作は以下の手順となっており、とても簡単です。

__(1)楽天ペイのホーム画面の「チャージ」をタップ
(2)「チャージ方法」をタップ
(3)「チャージ方法変更画面」で楽天銀行を選んでタップする
(4)チャージしたい金額を入力し「完了」をタップ
(5)金額を確認し「チャージ」をタップして完了__

クレジットカードからチャージ

楽天ペイでチャージができるクレジットカードは、楽天カードのみです。楽天カードであれば、JCBやVisa、Mastercard、American Expressなどすべてのブランドのカードを登録することができます。

楽天カードからチャージをしたい場合は、まず「お支払元」に楽天カード情報を登録し、その後チャージをするという手順になります。楽天カードの登録手順は以下となっています。

__(1)ホーム画面の「お支払い元表示エリア」をタップ
(2)「新しいカード登録」をタップ
(3)楽天会員ログインページに移るので、楽天IDとパスワードを使ってログイン
(4)楽天の会員情報ページで楽天カードの登録を行う
(5)楽天ペイの「支払い元表示エリア」をもう一度タップ
(6)すると登録した楽天カードが表示されているので、楽天カードを選び「設定する」をタップ__

これでお支払元に楽天カードが登録され、クレジットカードを使ったチャージができるようになります。チャージの方法は以下となっており、とても簡単に行うことができます。

__(1)楽天ペイ画面の「チャージ」をタップ
(2)チャージしたい金額を手動で入力し「完了」をタップ
(3)金額を確認し、最後に「チャージする」をタップしてチャージが完了します__

ラクマの売上金から

楽天ペイは、楽天のフリマサイト「ラクマ」の売上金からチャージをすることができます。まず、ラクマと楽天ペイを連携させてラクマ上で楽天キャッシュを購入すると、自動的に楽天ペイに楽天キャッシュの残高が反映される仕組みです。

まず、以下のような手順でラクマと楽天IDを連動させます。

__(1)ラクマアプリのホーム画面左上のメニューボタン「設定」から「楽天IDの連携」をタップ
(2)ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ__

ラクマと楽天IDの連携から数日はチャージができないこともありますので注意しましょう。この2つの連携が完了すると、以下の手順でラクマからチャージをすることができます。

__(1)ラクマの「マイページ」タブから「売上・ポイント管理」をタップ
(2)「売上金を楽天キャッシュにチャージ」をタップ
(3)チャージする金額を入力し、「チャージする」をタップ
(4)指定した金額が楽天キャッシュにチャージされ、楽天ペイ上に反映される__

このように、楽天ペイはラクマからの売上金をチャージできるので、楽天ペイを使うことによって「不用品を売って、その代金を日常の支払いに使う」ということが簡単にできるようになっています。

楽天ペイを使えば、数十円、数百円であってもラクマの売上金を有効に活用できますので、楽天ペイを使う人はラクマの利用も検討してみると良いでしょう。

気になる!他のキャッシュレス決済のチャージ方法比較

キャッシュレス決済のチャージ方法は、スマホ決済サービスによって異なります。楽天ペイとPayPay、メルペイのチャージ方法を以下のように比較してみました。

楽天ペイは楽天カードを利用したチャージができますが、メルペイではクレジットカードを使ったチャージができず、PayPayは利用できるカードがヤフーカードのみとなっています。

銀行からのチャージで、利便性が高いのはPayPayとメルペイです。どちらも多くの銀行を登録することができますが、楽天ペイは楽天銀行しか登録することができません。その他のチャージ方法では、一番種類が多くて便利なのはPayPayで、次にメルペイ、楽天ペイと続きます。

メルペイはメルカリの売上、PayPayはヤフオク!・PayPayフリマの売上、楽天はラクマの売上からチャージできますので、これらのフリマアプリを使っている人は、その売上金からチャージできるスマホ決済アプリを選ぶようにしましょう。

このように3つのスマホ決済サービスのチャージ方法を比べると、それぞれに良い点、使いにくい点がありますので、自分に合ったチャージ方法を活用できるものを使うと良いでしょう。

まとめ

楽天ペイのチャージ方法は3つあり、自分に合った方法を選ぶことができます。

楽天ペイは、楽天カードであればJCBやVisa、Mastercard、American Expressなどすべてのブランドのカードを登録することができるので利便性が高くなっていますが、「銀行からチャージをしたい」という場合は、楽天銀行しか登録できないため、少し不便を感じるかもしれません。

楽天銀行の口座はオンラインですぐに作ることができますし、新規口座開設でポイントがもらえることもあります。楽天ペイを便利に使ってより多くのポイントを貯めたい場合は、楽天カードや楽天銀行と一緒に使うことをおすすめします。

執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー