ワンコインで楽しめるデイリーHazy IPA。Full Sail BREWING「Hood River Hazy IPA」が日本で発売開始

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

2017年より日本でも発売を開始したアメリカ・オレゴン州の醸造所Full Sail BREWING。2020年5月25日(月)より「Hood River Hazy IPA」が日本で販売をスタートしました。

■Full Sail BREWINGとは?

ご存じがない方もいらっしゃると思いますので、最初に醸造所をご紹介します。

同醸造所は、アメリカ・オレゴン州フッドリバーの地で1987年に創業しました。生産量は年間1万KL以上で、2016年には全米約6000ある醸造所の中で29位の実績をもちます。

地元オレゴン産の高品質な原料を可能な限り使用。遺伝子組み換えの作物は使わず、ビーガンにも対応しています。

モットーは、品質と効率を両立。マッシュフィルターや遠心分離機、ボトリングマシーンなどを導入してビールの品質を高めつつ、醸造に関して徹底的な効率化を進めています。自社のラボスタッフは全員元WYEAST社(酵母の販売などを手掛ける会社)の職員で、酵母培養だけでなく品質保持も徹底。外注ではなく自社で内製化しています。

日々美味しいものをつくり、それを維持しながら、絶えず自己改革を続けている醸造所です。日本ではJAPAN BREWERS CUP 2019 IPA部門で、「アトマイザーウルトラソニックインフューズドIPA」が優勝した実績があります。

■Hood River Hazy IPAはどんなビール?

今回、日本で販売を開始した「Hood River Hazy IPA」は、一昨年から醸造責任者に就任して、「Atomizer」シリーズをはじめ、モダンなビアスタイルを開発してきたグレッグ氏が、地元の方たちと対話をしながら要望の高かったHazy IPAを何度も試作して完成させたビールです。

醸造責任者のグレッグ氏。微生物学を修めて15年間WYEAST社に勤めた後、フルセイルブルーイングに転職。品質管理部門で同醸造所の品質向上に貢献してきた人物だ。【画像提供/株式会社友和貿易】

ホップには、アザッカ、モザイク、アマリロをふんだんに使用。抜群のトロピカルアロマが楽しめ、仕上がりもモルトを感じつつ柔らかくジューシーな仕上がりになっています。アルコール度数は6.0%で、飽きの来ないHazy IPAです。

アロマを強く感じたい方は、テクグラスやチューリップグラスを推奨しています。

輸入元の株式会社友和貿易様からもコメントをいただきました。

「彼らのモットーである『品質と効率』を体現した新作Hazy IPAはなんと缶1本ワンコインでお釣りが来てしまう圧倒的なコストパフォーマンスです。毎日飲める6%という度数も魅力的。最強のデイリーHazy IPAを是非お試しください」

一般的にホップをたくさん使用するHazy IPAは、原価が高いと言われていますが、品質と効率の両立を掲げる同ブルワリーの努力もあり、購入しやすい価格での販売を実現させました。取り扱いは、缶が12oz(約350ML)、樽は20Lとなっています。

見かけましたら、その実力を飲んで確認してみてください。

◆Full Sail Hood River Hazy IPA Data

販売元:Full Sail BREWING CO.

輸入元:株式会社友和貿易

ABV:6.0%

IBU:35

ホップ:アザッカ、モザイク、アマリロ

ビアスタイル:Hazy IPA

入荷商品:12oz缶(約350ML)または20L Keykeg

ウェブサイト

Facebook