病気の豆知識

©株式会社VOTE FOR

■「災害と体調維持」
塩田記念病院整形外科
石井薫医師

芽吹きの季節を迎えましたが、新型コロナウイルス感染拡大のため心が浮き立つ事のない春です。
普段スポーツクラブやリハビリ施設に通い体調を維持していた方々が施設の閉鎖に伴い運動不足となり体調を崩しています。
昨年の豪雨災害の時も、体調を崩す方が見られましたが今回はそれを上回っているように思います。
春は元々心身に変調をきたしやすい季節でもあります。屋外での散歩や運動は感染の危険は極めて低いとされています。太陽の下での運動と十分な食事、睡眠、規則正しい生活のリズムで体調を維持してください。